簡単に言えば、任意保険という保険は強制保険としての自賠責保険とは異なり自賠責保険の範囲では補いきれない部分の補償が可能になる大切な保険です。75-18-89

この任意保険。75-14-89

自動車損害賠償責任保険の上乗せ保険ということで有用なものですので、自賠責保険でまかなえる支払い限度額を超えた場合に登場します。75-5-89

それから自賠責保険だけでは物的損害については補償対象にならないので、そこのところをまかなうためには任意保険に入る必要があります。75-16-89

今現在任意保険を支払っている自動車を売却する場合は、国産自動車もしくは外車というようなことは関係なく、残っている分が返ってきます。75-20-89

これは国産自動車を売るケースでも同じです。75-9-89

自賠責保険の場合一般的には放っておくのが常識になっていますが任意保険は皆が入るものではありませんので契約解除をすることになります。75-6-89

また解約したあとは今現在 支払っている残金が返還されるということになります。75-13-89

中古車売買が決まったと言ってもすぐさま任意保険の契約をキャンセルするという選択肢はリスキーです。75-15-89

もちろん、すぐさま解約するとその分還付されるお金は増えますが車専門店が遠くにあって、自ら持っていくことになった際は、任意保険なしで車の運転をするはめになります。75-10-89

リスクを想定して、万が一にもこれから自分が運転をすることはないという状況になるまで任意保険の解約はすることがないようにしてください。

所有車を売却して、すぐさま他の自動車に乗り換えるのであれば構わないですが、仮に車の運転をしない状況が継続して任意保険に加入している必要がなくなってしまったらこの任意保険未加入の時間があると、前に継続していた等級が下がるため、任意保険の保険料が増額となってしまいます。

このような時では「中断証明書」というものを提示してもらうようにする必要があるんです。

この「中断証明書」があることで、10年までは中断前の等級を継続することができるのです。

それから、13ヶ月以内であれば発行依頼をすることができるのでもしも既に愛車を手放していて「中断証明書」を発行されていない状況であれば保険代理店にそのことを伝えたほうがいいと思います。

もしあなたが他の車を購入して購入後に前に保有していた自動車を廃車依頼する場合は任意保険は一方のみのになります。

保険の契約し直しという処理ですから、運転しなければならない愛車だとしたら売却までには注意しなければなりません。

それから、任意保険は自動車の種類により料金がだいぶ変化してきますから車売却のさいは任意保険の内容を見直す良いタイミングなのです。

Copyright © 2012 www.wordofpromise.net All Rights Reserved.