よくある経験の浅い方向けの外為の雑誌では、「損をした場合はナンピン買いすることで、全体の買い付けコストを小さくする」と記述されているが、実際はそれには相当大きな落とし穴があると思います。マミヤ買取

まず、ナンピン買いの原理に関してとても簡単に述べます。海野真理

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。珠肌のうみつクリーム口コミ

$買いだから円安ドル高になれば儲けが大きくなるわけですが、逆に1ドル=95円まで円高ドル安に振れてしまったとします。かに本舗 評判

その場面でポジションを所有し続けたら、プラスになるためには、マイナス分、円安ドル高に動かなければなりません。光目覚まし時計

誰もがみんな、マイナスは早めにリカバリしたいと願うでしょう。

このため最初に注文したのと同額分のドルを1ドル=95円で買い増します。

そうすると、ポジションの買い付け単価は1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。

これで、2.50円の幅でドル高が進行すれば赤字を失くすことが出来ます。

この流れがナンピンの方法です。

こういうふうに、ナンピンの原理を聞くと、「ごもっとも」という考えになるがマーケットはそう易々と問屋を卸してくれない。

もとより、1ドル95円が下値だということなどなんびともわからないのである。

外国為替市場がかなり強い円高ドル安の流れだとしたら、1ドル95円では止まることなくより円高が進む可能性があります。

ひとつの例として、1ドル97.50円でナンピンをしたとしても95円まで円高になっとしたならば、ナンピン買いしたポジションにもマイナスが生じてしまいます。

こういう状態では初めに売買したドルと同時に更なる差損を被ることになります。

この通り、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

それならば、外国為替市場がストーリー展開とは反対の方向にみるみる行ってしまった場合いかなる対策で危機の確率を避ければいいのでしょうか。

こういう時には選択する術は2つだけあります。

まずひとつは執着しないで、損を確定する事です。

ふたつめは現在、所持している買いポジションを縮小することで為替相場がリカバリするのを大人しく待つ事です。

相当主体性のない方法だとみる投資家もいるでしょう。

だけど、持っている買いポジションに損失が出た場合、一番妥当な手段はこれよりいいものはありえません。

当然、理屈の上ではナンピン買いという手段もあると思います。

けれどもナンピンは自身が損失を披っているのにポジションを無くすどころか反対に買いポジションを重ねていく方法です。

この手段では、危険を回避することなどどう頑張っても無謀だと考えるべきです。

ナンピンを続ければ最終的には損を取り返せるかもしれません。

でも、それより先にお金がショートしてしまいます。

  • Copyright © 2012 www.wordofpromise.net All Rights Reserved.